【豆知識】税理士の仕事内容って?

皆様こんにちは!
福岡のオールクラウド税理士・公認会計士事務所のクラウドコンサルティングです。

postit2_paleyellow

便利な豆知識をご紹介するこちらのブログ、今回も前回に引き続き、「税理士」についてまとめていきたいと思います!

前回の記事では、どうやって税理士になるのかをご紹介いたしました。

では、実際に税理士になれたあとはどんな働き方をしていくのでしょうか?

今回は税理士の仕事内容をご紹介していきます。

(°o°){税理士の仕事内容って?

syorui_yomu_man

税理士は、「税金のプロ」

税理士は主に個人や中小企業の税金に関わるサポートをする仕事です。

税金の法律は非常に複雑なため、税金に関するプロフェッショナルである税理士が活躍しています。

money_zeikin

日本国民には、さまざまな税金の納税義務があります。

所得税

法人税

相続税

贈与税

消費税

事業税

固定資産税

などなど…。

こうした税金が円滑に納められるように人々をサポートするのが、税理士の仕事です。

税理士の多くは税理士事務所に勤務しています。経験を積んだ後には、自分で事務所を開業する人も多い業界です。

また、税金の知識を生かして、企業内で活躍する税理士もいます。

(^o^){税理士のみに許される仕事

finger_count03

税理士のみに許されている業務として下記の3つがあります。

1,税務代理
納税者の代わりに税金の申告を行う業務です。

2,税務書類作成
税務署に提出する書類を作成します。

3,税務相談
3月の確定申告期に税務署で税金の払い過ぎや不明点などについての相談に対応する業務です。

↑税理士の独占業務は税務業務です。

具体的な業務範囲は、納税者に代わって税務申告を行う税務代理税務書類の作成提出の代行税務に関する相談が主となります。

企業の代理人という形で、経営者側に寄り添ったサービスを提供できるため、クライアントは主に個人の方や中小企業・ベンチャー企業となります。

納税を助けるのが大切な役割

manager_man

例えば、年に一度の確定申告の時期。

確定申告というのは、自営業をしている人や年金で生活している人が、一年間の収入や経費を計算して税務署に申告する作業のことです。

この申告によって個人に課せられる税金の額が決まるため、とても重要な作業となります。

しかし、忙しい個人事業主にとって、こうした税務書類の作成や申告は、決して楽なものではありません。

また、会計の専門知識も必要になるため、自分で計算するのは不安だという人も多いです。

そこで、こうした人の依頼を受け、税理士が書類の作成や税務署への申告を代わりに行うのです。

このことは依頼者の負担を減らすだけではなく、国民の確実な納税にもつながるため、税理士は社会的に大きな役割を果たしています。

確定申告以外にも、遺産の相続税が発生するときや不動産を取得したときに、税務書類を作ったり税務調査に立ち会ったりすることで、納税制度を支えています。

納税以外に、企業の経営のサポートも!

money_choubo (1)

税理士にとって、企業の経営相談に乗ることも大事な仕事です。

通常、企業と税理士とは顧問契約を結び、月に1回~数回顧問先を訪問し、税務処理や経営に関するアドバイスを行います。

その際に数字のプロフェッショナルである税理士に会社の売り上げや経費が記された帳簿を見せて、経営計画のアドバイスをもらおうと考える企業も多いです。

実際、節税対策の方法を教えてもらったり無駄な経費を指摘してもらったりすることで、企業の収益を大きく伸ばすことができる場合があります。

企業の状況を知り尽くしている税理士が社長の一番の相談相手になっていることもあり、税理士は企業の経営を陰から力強くサポートしています。

では次に、税理士に求められる能力には一体どんなものがあるでしょうか?

いくつかまとめてみました。

(°o°){税理士に求められるものは…?

計算のスキル

zei_shinkoku

税金の法律は非常に複雑であるため、物事を整理建てて考えることができ、数学が得意なタイプが向いていると言えます。

税理士の仕事には、常に計算作業がつきものです。

企業が提出してきた書類を見ながら、毎日のように売り上げや経費の数字を入力したり確認したりしなければいけません。

税理士になる人は、こういった計算作業が好きで苦ではないことが大切です。

また、間違いが許されない仕事のため、几帳面であることも必要です。

営業力、プレゼン力

syoudan_torihiki

税理士は顧客からの依頼がなければ仕事をすることができないため、コミュニケーション能力が高く、人から信頼されるタイプであることが望ましいでしょう。

最近では、税理士をめざす人が増えたことや、税理士の顧客である中小企業や個人事業主の廃業も多いことから、税理士のなかでも顧客の争奪戦が始まっています。

これからの時代に税理士として成功を収めるためには、顧客を集客するための営業能力も必要なのです。

特に独立開業をする税理士には、高いコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力が欠かせません。

経営に興味を持つこと

business_senryaku_sakuryaku_man

税理士の仕事は、企業の税金計算を手伝うだけではありません。

経営者と一緒に売り上げや経費を分析しながら、節税対策を考えてアドバイスをするのも仕事のひとつです。

たとえば、不動産投資を行ったり経費として計上できるものを増やしたりすることで、払わなければいけない税金が減ることがあります。

こうした節税対策がとれるようになれば、企業にとっては手元に残るお金が増えることになり、経営の大きな助けになるのです。

企業の経営に興味があるという人にとっては、税理士の仕事を通して間接的に経営に関わることができるので、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

↑このように、非常にやりがいのある税理士の仕事ですが、仕事である以上大変なこともあるはず(^_^;)

次は、税理士の仕事において大変なことを挙げていきます。

( ;∀;){税理士の仕事で大変なこと

許されない「脱税」「申告漏れ」

税理士の仕事は、納税の義務がある人たちの税務書類の作成や税務署への申告を代わりに行うことです。

hanashiai_business_man

税金の計算はとても複雑です。売り上げを計算したり領収書をまとめて経費を差し引いたりしながら書類を作成するのは大変な手間になります。税務に関する法律も常時変わるため、日頃の勉強もかかせません。

また、知識がない人が計算をすると、思わぬところで数字の記入漏れがあって脱税や申告漏れを疑われることにもつながりかねません

こうした失敗を防ぎ、企業や個人事業主が円滑に納税できるよう手助けするのが税理士の仕事です。

omoi_businessman (1)

万が一、税理士が関わったにもかかわらず税金の申告に不備があった場合は、依頼者も税理士も社会的な信頼を失うことになります。

納税を支える税理士には、いつも大きな責任と緊張感がついてまわるのです。

数字に追われる日々

税理士は、仕事の大半を税金に関する書類と向き合いながら過ごします。企業の年間の収支を計算するとなると膨大な量の領収書や売り上げ明細を確認しなければいけないので、とても地道な作業が続くことになります。

isogashii_man

税理士には計算や事務作業が苦にならないというタイプの人が多いですが、繁忙期はそんな人たちでも逃げ出したくなるほど一日中数字に追われることになります。

計算はひとつの数字が狂うと全てが狂ってしまうので、過労に加えて緊張感からくるストレスやプレッシャーにより体調を壊してしまう人もいるようです。

(もちろん、ストレスとは無縁という強靭なメンタルの持ち主もいるとは思いますが…)

virus_zutsuu

また、こうした書類の作成や確認は目を酷使する作業になるので、頭痛や肩こりに悩まされることもあります。

line_whiteday_heart2

ここまで税理士の仕事内容や必要な能力、大変なところをご紹介いたしましたが、税理士の仕事についてなんとなくイメージが持てましたか?(*´∀`*)

税理士は、さまざまな人たちの手助けができるやりがいある仕事であり、また、税金を通して国の発展を支える仕事だといえます。

株式会社クラウドコンサルティング

%e3%83%ad%e3%82%b4c%e3%83%bbc%e3%82%bf%e3%83%86-%e3%82%b3

 

このブログを読んだ方はこちらの記事もオススメです♪↓

【豆知識】どうすれば税理士になれるのか?

【豆知識】どうすれば公認会計士になれるのか?

【豆知識】公認会計士の仕事内容って?

 

お問合わせフォーム

下記のフォームにご入力の上、[ 送信する]ボタンをクリックしてください。
入力内容を確認するメールが自動で送信されます。
スタッフがお問い合わせ内容を確認後、改めてご連絡差しあげます。

氏名(必須
電話番号(必須
メールアドレス(必須
貴社名(必須
住所(必須
役職
お問い合わせ項目
お問い合わせ内容(必須