【豆知識】どうすれば税理士になれるのか?

皆様こんにちは。
福岡のオールクラウド税理士・公認会計士事務所のクラウドコンサルティングです。

 以前、「公認会計士になるにはどうすれば良いのか?」という内容の記事を書きました。

今回はその延長で「税理士になるにはどうすれば良いのか?」ということをまとめていきたいと思います!

(°o°){税理士にはどうすればなれる?

writing06_businessman

税理士になるためには、いくつかの方法がありますが、最も一般的な方法は、毎年行われている税理士の筆記試験に合格することです。

 

ちなみに、税理士試験の概要は以下のとおりです。

【税理士試験の主な受験資格】

  • 大学・短大・高等専門学校を卒業し、法律学及び経済学に属する科目を一科目以上取得した者
  • 大学3年次以上で、法律学及び経済学に属する科目を一定数取得した者
  • 司法試験合格者
  • 公認会計士試験短答式試験合格者(平18年度以降の合格者に限る。)
  • 日本商工会議所主催簿記検定試験1級合格者

 

【税理士試験の受験科目】

全11科目から5科目を選択し合格する必要があります。

  • 必修科目:簿記論、財務諸表論
  • 選択必修科目:所得税法、法人税法
    (一科目以上選択)
  • 選択科目:相続税法、消費税法、事業税、国税徴収法、酒税法、住民法、固定資産税
    (但し、消費税法・酒税法と住民税・事業税はどちらか一科目のみ選択可)

 

税理士試験は年1回開催されます。

また、科目ごと個別に合格不合格が判定される制度のため、必ずしも5科目を一気に合格する必要はありません。各科目の合格率は10%前後です。

この試験では、簿記論、財務諸表論、所得税法など税に関する5つの科目において60%以上の得点をとることが必要です。

試験自体は難関ですが、一度に全ての科目で合格する必要がないため、数年にわたって試験を受けながら、計画的に合格を勝ち取っていくのが一般的です。

business_group_happy

 

さらに、大学や大学院で税法や会計学を学んだ人は試験科目が一部免除になる制度もあります!

こうした制度をうまく利用することで合格の可能性をより高めることができます。

ただし、税理士として登録するためには、税務に関して2年以上携わったことがあるという「実務経験」が必要になりますので、試験合格後すぐに税理士の資格を得られるわけではありません。

1,税理士試験に合格すること 

2,関連する分野での2年以上の実務経験があること

 

↑上記の二つの条件を満たし、日本税理士連合会に税理士として登録する手続きを行うことで初めて税理士になることができます。

そのため、税理士試験合格後は、税理士事務所に勤務するのが一般的です。

資格を取得し、税理士事務所で経験を重ね、独立を目指す人も多くいます。

 

 

 

(・o・){こんな方法でも税理士になれる!

job_shinbun_kisya

税理士になるための二つ目の方法は、税務に関する職場で働いて、実践的な知識を身につけることです。

具体的に言うと、税務署等の国税官公署で23年以上働いて指定の研修を受けた人は、試験を受けなくても税理士の資格が取得できるということです。

この制度を使って、退職後に税理士の仕事を始める人は多いです。税務署のやり方を熟知しているため、重宝されることも多々あります。

ただし、23年もの長い期間働かなければいけないため、少しでも早く税理士になりたいと考えている学生さんにとってはあまり現実的な方法ではないでしょう。

 

(^ν^){弁護士・公認会計士から税理士になれる

job_bengoshi_woman

さらに三つ目の方法として、

税理士以外の資格を取得することで、同時に税理士の資格を取得するという手もあります。
実は、弁護士の資格を取得すると、税理士としても働けることが認められています。

同じように公認会計士の資格を取得することでも、税理士として働けるようになります。
弁護士も公認会計士も、法律や会計の知識を問う試験になっており、税理士の仕事内容とつながっていることから、こうした制度になっているのです。

ただし、どんな方法で資格を取った場合にも、税理士として働く際には税理士会への登録が必要です。

弁護士も公認会計士も資格取得の難易度はかなり高いため、いずれにせよ相当の頑張りが必要ですね(^_^;)

 

line_lace_yellow

では、実際に税理士になったあとはどんな働き方をしていくのでしょうか?

次回のブログでは税理士の業務内容や求められる能力等をまとめていきます!

是非またチェックしてみてください(^_^)

 

 株式会社クラウドコンサルティング

このブログを読んだ方はこちらの記事もオススメです♪↓

【豆知識】どうすれば公認会計士になれるのか?

【豆知識】公認会計士の仕事内容って?

お問合わせフォーム

下記のフォームにご入力の上、[ 送信する]ボタンをクリックしてください。
入力内容を確認するメールが自動で送信されます。
スタッフがお問い合わせ内容を確認後、改めてご連絡差しあげます。

氏名(必須
電話番号(必須
メールアドレス(必須
貴社名(必須
住所(必須
役職
お問い合わせ項目
お問い合わせ内容(必須