【補助金情報】IT導入補助金二次募集が開始されました!

皆様こんにちは!

福岡のオールクラウド税理士・公認会計士事務所のクラウドコンサルティングです。

 

以前、こちらのブログでもご紹介いたしました、IT導入補助金につきまして、二次募集が開始されておりますので改めてご紹介させて頂きます。

new_gahag-0055494595-1

前回の一次募集では、弊社がIT導入支援事業者(※)として申請した全ての申請書が無事通過し、補助金が採択されました。

IT導入補助金の申請でご不明な点がおありの方やお悩みの方は是非一度弊社にご相談くださいませ。

 

では、再度IT導入補助金の概要と申請方法についてまとめていきたいと思います!

 

IT導入補助金 二次募集

 

【そもそもIT導入補助金って何?】

⇒IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的としているものです。

中小企業・小規模事業者等が行う生産性向上に係る計画の策定や補助金申請手続等について、ITベンダー、サービス事業者、専門家等の支援を得ることで、目的の着実な達成を推進します。

この際、補助対象となる中小事業者等の申請をとりまとめ、ビジネスプロセスを抜本的に効率化すべく、単体機能での IT ツール(ソフトウエア、サービス等)の導入支援ではなく、複数の機能をパッケージ化したサービスの導入支援を行うことで、生産性の向上効果を最大限引き出します

この制度を利用すれば、例えば90万円の初期費用がかかるソフトウェアを自社負担30万円で導入できるようになるということです。

コストを理由にIT導入を躊躇していた中小企業様にとって嬉しい制度と言えるのではないでしょうか?

 

中小事業様は、この機会に自社のITツールの充実化を進めることが可能となります!

new_2017-02-09 11_50_14-サービス等生産性向上IT導入支援事業

 

【補助対象となる事業は?】

⇒以下の要件を満たす事業に対して補助を行います。

 

日本国内で実施される事業であること。

事務局が採択したIT導入支援事業者のITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する事業される事業であること

 

new_2017-02-07 16_34_49-●①IT導入補助金活用説明会_201702 - PowerPoint

※事業者単位で生産性の向上を確認するため、申請は1事業者1回のみとします。

詳しくはこちら⇒IT補助金公式サイト 公募要領

 

 

【補助対象となるITツール(サービス・ソフトウェア等)の内容は?】

⇒IT 導入支援事業者により、あらかじめ事務局の承認を受け、事務局の HP に補助 対象サービスとして公開された IT ツール(ソフトウエア、サービス等)を補助対象とします。

例えば、クラウド会計ソフト「MFクラウド」シリーズのパック等もこの補助対象となります。MFクラウドやクラウドツールを導入して業務を効率化したいとお考えの方にはまたとないチャンスではないでしょうか。

 

【補助率及び補助上限・下限額は?】

⇒補助対象経費の区分に対し補助率を乗じて得られた額の合計について、補助上限・下限額の範囲内で補助します。

 

new_2017-04-10 15_57_45-application_guidelines

どういったものが「サービス、ソフトウェア導入費」に含まれるのかの詳細はこちらをご覧ください⇒IT補助金公式サイト 公募要領

 

 

【具体的な申請方法は?】

補助事業者は、ITツール(サービス、ソフトウエア)の導入による業務効率化等の目標を設定し、生産性向上に係る事業計画を作成する必要があります。

この際、専門家事業計画の作成を依頼します。

つまり、申請に関してはIT導入支援事業者や専門家が代理で行うということになります。

⇒「事業計画」とは何か?

補助事業者の交付申請時に作成する様式(様式はこちらからダウンロード)の ことを言います。

 

⇒事業計画作成の際、支援する専門家の定義とは?

「専門家」とは、よろず支援拠点、地域プラットフォーム、ミラサポに在籍・ 登録のある専門家、または IT 導入支援事業者社内に IT コンサルティングの経験があり、その能力を有する者のことを言います。

特定の資格は求めませんが、例えば、中小企業診断士や税理士、公認会計士といった内容の資格等を想定しています。

↑弊社株式会社クラウドコンサルティングは税理士・公認会計士の甲能と、ITコンサルティングの経験があり、ミラサポ在籍・登録のある髙島がおりますので、申請につきましては丸投げして頂くことが出来ます!

 

 

【選定方法は?】

⇒学識有識者を含む関係分野の専門家で構成された外部審査委員会において、以下の項目について審査を行い、この審査結果及び評価を踏まえ、事務局は補助事業者の採択・ 交付決定をします。

12345new_2017-04-10 15_38_49-application_guidelines

↑こういった審査項目も全てクリア出来るよう弊社がサポートいたします。

 

 

【補助事業期間 ・交付申請期間】

平成29年3月31日(金)~平成29年6月30日(金)17時まで

 

【事業実施期間】

交付決定日以後~平成29年9月29日(金)

 

【完了報告期間】

事業完了日から起算して30日を経過した日又は平成 29年9月29日(金)のいずれか早い日まで

 

【申請単位】

①1補助事業者あたり、1回のみの申請。

②支社や支店単位からの個別申請は受け付けられません。補助事業者(法人単位)での申請のみが補助対象となります。

 

【申請時・申請後に補助事業者に課される義務は?】

①事業計画の作成

補助事業者は、IT ツール(サービス、ソフトウエア等)の導入による業務効率化 等の目標を設定し、生産性向上に係る事業計画(申請様式)を作成しなければならない。

↑こちらにつきましては先程上記でも紹介しました通り、クラウドコンサルティングが全面サポートしますのでご安心下さい!

②実績の報告

・補助事業者は、事業を完了した時は、実績報告書を作成するとともに、必要な証憑類を整えた上で、IT 導入支援事業者による代行申請を通じてこれら資料等を事 務局に提出する必要がある。

↑こちらの実績報告書の作成等もクラウドコンサルティングがサポートいたします!

・補助事業者は、原則として、作成した事業計画について、IT ツール(ソフトウエ ア、サービス等)を導入した結果(労働生産性に係る情報(売上高、原価、従業員 数及び就業時間、以下同じ。)及び導入した IT ツール(ソフトウエア、サービス 等)による生産性向上指数に類する独自の数値目標の向上に係る情報)を補助事業 開始から2021年 3月までの間、毎年3月末日を目途に IT 導入支援事業者に報告しなければならない。

↑こちらについても、何を報告したら良いのか、報告の仕方がよく分からないという場合もしっかりとご相談に応じますのでご安心下さい。

 

 

以上、IT導入補助金についてのご紹介でした。

弊社にもIT導入補助金申請についてのお問い合わせが多数来ております。

自分で調べてみてもいまいちIT導入補助金についてよく分からないなという方、自社の状況にはIT導入補助金一番合っているのか?他にもっと合う補助金はないのか?など、疑問がございましたらまずはお気軽にご相談ください。

補助金・助成金のプロがしっかりとお話をお聞きし、最適な制度をご提案いたします。

 

【お問い合わせ】

株式会社クラウドコンサルティング

電話:092-718-3993

お問合わせフォーム

下記のフォームにご入力の上、[ 送信する]ボタンをクリックしてください。
入力内容を確認するメールが自動で送信されます。
スタッフがお問い合わせ内容を確認後、改めてご連絡差しあげます。

氏名(必須
電話番号(必須
メールアドレス(必須
貴社名(必須
住所(必須
役職
お問い合わせ項目
お問い合わせ内容(必須